北桑田高校「まちおこしワッショイ」の見学

北桑田高校は総合的な学習の時間として「美山・京北まちごとキャンパス」という独自の教育プログラムを実施されているそうです。

今日は京都大学の京大「KYOTO未来創造拠点整備事業-社会変革期を担う人材育成」と連携を組まれてグループワークをされると聞きつけ見学に行ってきました。

北桑田高校の生徒さんと京大生とでふるさとのこれからについてグループワークをして発表という流れでした。

IMG_3339

各班タイトルを発表してくれるので聞きたい班の発表を聞くというものでした。

私が気に入ったタイトル

「集え若者 いざ京北へ!」

「自然と若者 収集大作戦」

「京北の京北による京北のための「維持」」

まだあったけど忘れてしまった・・・。

IMG_3350

IMG_3344

IMG_3341

IMG_3355

北高校生のみんなが自分たちの住む町が好きで一生懸命考えて発表する姿に未来が楽しみになりました。

私は京北の班ばかりまわったのですが、京北の良いところとして

「世代間を超えたつながり」

「人と人とのつながりと自然」

と言っているのを聞き、世間では今の若い子はコミュニケーションをとることが嫌いと言われる中、北桑田の若者はそのコミュニケーションを地域のすばらしさだと思っているんだととっても安心しました。

捨てたもんじゃないよ。京北!

京北の強みを「大都市に近い最大の田舎」と言われた方がありました。

そうなんです。まさにそこなのです。

私たち大人は、しっかりバトンをつながねばと身の引き締まる思いとこれからが楽しみという思いで事務所へ戻りました。

商工会の取組みの話を聞いていただいた先生にも感謝です。

ありがとうございました。

京都府立北桑田高等学校ホームページ

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。