SDGs経営セミナー1回目終了しました

おはようございます。

京北地域の小規模事業者さまを支援する京北商工会です。

6月19日(木)SDGs経営セミナーの1回目が終了しました。

たくさんの参加をいただきありがとうございました。

SDGsと聞くと難しいイメージで、また世界規模の話であまり関係がないと思いがちですが、そうではないし、持続可能な社会の実現は、私たち小規模事業者の役割も重要だということが理解できたと思います。

企業というのは地域によって生かされている、そして社会の構成員のひとつであり、それはヒトも含め自然環境がなければ存在できない。

持続可能な経営モデルの目指す姿は「地域」「社会」「環境」との相互信頼に基づいた長期継続的な関係構築ということです。

特に小規模事業者は意思決定の早さが強みなので、経営リスクをSDGsに取り組みビジネスチャンスにすることができます。

もうひとつ、大切なお話がありました。

それは「事業価値の再定義」

自分は何屋なのか。を物理的にではなく機能的に考えるということです。

どういうことかというと、自社が提供できるものを単に商品、サービスではなく、価値から考えるということです。

事例の中で、茅葺屋根工事業は心のふるさと提供業であるとお話しいただきました。

 

さぁ、社会課題を自分事化して、たくさんある社会課題の中から影響度の大きいことから取り組んでいきましょう!

次回は、「自社の経営にSDGsを取り入れよう」ということで、商工会館にて7月4日午後8時より開催です。

たくさんのご参加をお待ちしています。

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。